SnowManおそ松さん配役を画像で徹底解説!ネットで炎上する理由がやばい!

2022年3月25日(金曜日)公開予定の映画『おそ松さん』、実写映画の主演を務めるのはジャニーズ事務所のアイドルグループ『SnowMan』のメンバー9人です。

今回の実写映画化に伴い、ネットでは様々な意見が飛び交っています。実写映画「おそ松さん」について、一体どんな配役?なぜ炎上ししているのかを調べてみました。

目次

SnowManおそ松さん配役を画像で徹底解説!

「おそ松さん」は赤塚不二夫さん原作のギャグ漫画「おそ松くん」に登場する6つ子達が大人になり、20歳を過ぎてもクズでニートで童貞、時々足を引っ張り合いながらも、一緒に暮らす様子を描いている作品です。

国民的人気アニメでもある「おそ松くん」のその後ということで、「おそ松さん」も絶大な人気を誇っています。

その人気アニメ「おそ松さん」の実写映画化の主演を務める「SnowMan」が9人グループということで人数合せなのかわかりませんが、今回は6つ子に加えて、映画オリジナルキャラクター「エンド」「クローズ」「ピリオド」が登場しています。


それでは、それぞれの役を誰が演じるのか見ていきましょう。

長男【おそ松】(向井康二)

おそ松を演じる向井康二さんは、日本人の父とタイ人の母のもとに生まれたハーフです。
タイで暮らしていた時にムエタイのジムに通っており、そのジムに飾られていた写真をジャニー喜多川さんが目に止め、それがきっかけでジャニーズ事務所に入ったそうです。

プライベートではお兄さんがいる向井さんですが、今回は松野家の長男という役どころです。そんな向井さん演じる長男おそ松は、何事もテキトー亭楽主義者です。

【カラ松】(岩本照)

カラ松を演じる岩本照さんは、6歳からダンスを習い始めて、今ではSnowManのオリジナル曲の振り付けも手がけています。筋トレとシルバニアファミリーが趣味だそうです。

岩本さんが演じる松野家次男カラ松は太くてキリッとした眉毛が特徴で、極度のナルシストで自分をイケメンだと思い込んでいます。実はメンタルが弱くガラスのハートの持ち主です。

三男【チョロ松】(目黒蓮)

三男チョロ松を演じる目黒蓮さんは、ファッションモデルや俳優業をこなすアイドル。「教場Ⅱ」ではジャニーズ事務所の大先輩「木村拓哉」と共演して、俳優としての影響を受けたそうです。

どことなく若い頃のキムタクに似ているような雰囲気の目黒さんが演じるチョロ松は6つ子のツッコミ担当。女性が相手だとポンコツ化してしまうそうです。

四男【一松】(深澤辰哉)

四男一松を演じる深澤辰哉さんは、SnowManの最年長メンバーで現在29歳。ジャニーズJr.として15年の下積み時代を経験し念願のデビューを果たしたそうです。

そんな深澤さんが演じる一松は自己評価の低いネガティブな性格です。普段は無気力で根暗ですが、何らかのスイッチが入ると思い切りのある行動を起こしたりするそうです。猫が友達で、自ら猫化する時もあるそうです。

五男【十四松】(佐久間大介)

五男十四松を演じる佐久間大介さんは、アニメオタクで有名です。今年はアニメの吹き替え声優デビューも果たしました。

アニメが大好きな佐久間さんが演じる十四松は、いつも異様に明るくハイテンションな天然系おバカです。そんな反面、誰にでもしっかり挨拶をする礼儀正しい一面も持っているそうです。

末っ子【トド松】(ラウール)

末っ子トド松を演じるラウールさんは、メンバー最年少の18歳。父がベネズエラ人で母が日本人のハーフです。今年公開された映画「ハニーレモンソーダ」では主演を務め、俳優としても活躍中です。

メンバーの中でも末っ子のラウールさんが演じるトド松は、兄弟の中で一番コミニケーション能力が高く、甘え上手だが、弟キャラの可愛さを利用するあざとい腹黒い面もあるようです。自分のことが大好きな愛嬌のあるキャラクターです。

【エンド】(渡辺翔太)

映画オリジナルキャラのエンドを演じる渡辺翔太さんは、美意識が高く「ジャニーズ事務所きっての美容男子」よ呼ばれているそうです。指原莉乃さんと高校の同級生だそうです。

渡辺翔太さんが演じるエンドは、実写映画オリジナルキャラクターですが、映画の中で一体どういう役柄なのかは明かされていません。

【クローズ】(阿部亮平)

同じく映画オリジナルキャラクターであるクローズを演じる阿部亮太さんは、ジャニーズで初めて大学院を修了した阿部さん、合格率4%の難関を突破し、ジャニーズ初の気象予報士になったそうです。

阿部亮太さんが演じるクローズも詳細は明かされていませんが、今回の映画のキーパーソンとなりそうです。

【ピリオド】(宮舘涼太)

3人目のオリジナルキャラクターのピリオドを演じる宮舘涼太さんは、SnowManの渡辺翔太さんと幼稚園の頃からの幼馴染だそうです。大河ドラマや時代劇に出演することが目標だそうです。

殺陣が得意とする宮舘涼太さんが演じるピリオドも謎のキャラクターですが、エンド、クローズ、ピリオドは終わりを意味する言葉であり、3人には「物語終わらせ師」という名前もついています。重要な役どころになりそうです。

オリジナルキャラも加わった、実写映画「おそ松さん」、SnowManのメンバー達がどのように楽しませてくれるか期待ですね。

SnowManおそ松さんがネットで炎上する理由がやばい!

実はこの実写映画「おそ松さん」、SnowManのメンバー9人が主演を務めることに、ネットでは色々な意見が飛び交い、炎上状態になっています。

理由の一つは「オリジナルキャラ」の追加です。おそ松さんは6つ子ですが、SnowManは9人グループなので、オリジナルキャラが追加されたようです。それが、おそ松さんファンには許し難いようです。

アニメの「おそ松さん」のファンにとっては、アニメの世界観を壊してほしく無いんだと思います。

https://twitter.com/yamiaka_aruto/status/1464882227318120450

アニメファンの中では「おそ松さん」への強い思い入れがある人が多いのは予測できたであろうに、実写化を踏み切り、なおかつオリジナルキャラまで追加して、ネットは炎上し、そのおかげで話題に上がっているのも事実です。
もはや、「炎上商法」なのでは?という声もあります。

「炎上商法」と言われても、結果話題に上がっているので、宣伝効果としては成功だったのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか、今回は『SnowManおそ松さん配役を画像で徹底解説!ネットで炎上する理由がやばい!』についてまとめてみました。

SnowManのファンもおそ松さんのファンも、愛があるからこその炎上なのかもしれません。実際には、とても楽しみにしているという意見も多いので、話題の実写映画「おそ松さん」の成功を応援したいと思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪に暮らす主婦です。
お得情報や暮らしのお役立ち情報を発信しています。

目次
閉じる