佐藤優樹が天才と言われる理由がすごかった!3つの理由を徹底まとめ!

佐藤優樹が天才と言われる理由がすごかった!3つの理由を徹底まとめ!

モーニング娘。’21のみならず、ハロー!プロジェクトの中でもダントツの人気を誇る佐藤優樹さんは、周りから「天才」と呼ばれることも少なくありません。

ファンだけでなく、メンバーやモーニング娘。のOG、仕事で関わったことのある有名人たちからも「天才」と呼ばれる理由は、どこにあるのでしょうか?

3つの理由を徹底まとめしてみたいと思います!

目次

佐藤優樹が天才と言われる理由①群を抜くリズム感とパフォーマンス力

佐藤優樹さんが天才と言われる理由の一つ目は、群を抜くリズム感とパフォーマンス力です。

幼少期からピアノ、ドラム、乗馬、バレエを習いリズム感を鍛え、絶対音感を持つとも言われており、元・プロデューサーのつんく♂さんも「実は一番音楽を理解している」とその音楽的な才能を認めていたそうです。

加入当初は歌・ダンスともに初心者でしたが、オーディション合宿中の成長が目覚ましかったことや、ビジュアルの原石として見事合格を勝ち取った佐藤優樹さん。

加入初期の頃から、そのリズム感は目を見張る物がありましたが、さらにパフォーマンス力に磨きをかけ、「覚醒」したと言われたのが、2015年〜2016年の頃でしょうか。

それまでに持っていたリズム感に加えて、毎回変わるアレンジ、表情や歌声のバリエーションなど、見るものを楽しませるパフォーマンスはアイドルの域を超えているとも言われます。

モーニング娘。のパフォーマンスを高めたと言われるOGの高橋愛さんも佐藤優樹さん(まーちゃん)のファンであることを公言しており、自身のブログでも、「まーちゃんの動画ばかり見ている」「コンサートで本物が見れて感動」「モーニング1の魔物、まーちゃん♡」などと語っています。

佐藤優樹が天才と言われる理由②独特の言語表現

佐藤優樹が天才と言われる理由の二つ目は、独特な言語表現にあると考えられます。

言葉のチョイスも独特ですし、まるで子どものまま大人になったような瑞々しい感性を感じせるトークに、不思議と引き込まれてしまいます。

例えば、後輩が悩んでいたときに佐藤優樹さんからもらったという一言は、「心のポッキーを折らないで」だったそう。えっ?と聞き返したくなるような表現ですが、実際に言われた後輩の心には強く印象に残ったそうです。

​​​​””泣きそうになってた時に、

佐藤さんが来てくださって、

“泣いたら負けだよ”って。“心のポッキーを折らないで”って、

言ってくださったんですよ。

何か泣いてる時間もったいないから、

ダンス出来るし心のポッキーだけは、折らないで、

何かもう、泣かないで、っていうことを言ってくださって、

それがすごい何か心に響いて。​​​​””

引用:http://helloproland.blog.jp/archives/1045515770.html

また、’14に尊敬する大先輩・道重さゆみさんが卒業された際のインタビューでは、こう語っています。

​​​​みにしげさんが残してくれた薔薇の花たち。それを枯らすのも咲かせるのも優樹たち次第。その花びらを私たちひとりずつでため込まないで、みんなでくっつけて、モーニング娘。’15という花を作りたい

引用:https://togetter.com/li/809267

(※みにしげさん=道重さゆみさんのこと)

先輩が残してくれたものを薔薇の花びらに例えるなんて、独特な感性を感じさせますよね!

佐藤優樹が天才と言われる理由③圧倒的な愛され力

佐藤優樹が天才と言われる理由3つ目は、圧倒的な愛され力にあると考えられます。

相手が誰であったとしても物怖じせず懐に飛び込んでいくと言われていて、2017年に TV番組で共演したOGの辻希美さんは、佐藤優樹さんとの2ショットの写真をSNSに投稿し、「モーニング娘。’17の佐藤優樹ちゃんに捕まった。笑笑」とコメントしつつ、「今日はずっと私の楽屋にいた」「子どもみたい」「可愛い」「若いっていいな」とハッシュタグを付けています。

辻希美さんといえば、モーニング娘。の黄金期を支えた大先輩。そんな方にも全く物怖じせずに飛び込んでいける対人スキルは、ぜひ見習いたいものです。

まとめ

この記事では、モーニング娘。’21佐藤優樹が天才と言われる理由についてまとめてみました!

パフォーマンスの魅力だけでなく、人間的な魅力も備えた佐藤優樹さん。そのギャップもファンの心を捉えて離さない理由の一つなのだと思います。

卒業されてしまうのは寂しいですが、卒業後も音楽活動は続けるということですので、引き続きソロアーティストとして、元気に活躍する姿を見せてくれることを期待しています!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる