めるる×スノ岩本照主演で映画化「モエカレはオレンジ色」とは

めるる×スノ岩本照主演で映画化「モエカレはオレンジ色」とは

2022年7月8日(金)公開予定の映画「モエカレはオレンジ色」、通称「モエカレ」をご存じでしょうか。原作は玉島ノンさんの人気コミックで、2016年の連載開始後から『消防士である年上男子と女子高生のキュンキュンするラブストーリーにときめきが止まらない!』と話題となっています。現在コミックス11巻まで発売されている人気マンガが映画化されるということで、今回は映画のあらすじやキャストを紹介していきたいと思います。

目次

映画版「モエカレはオレンジ色」について

本作の監督は、村上正典さん。2005年の「電車男」で映画監督としてデビューし、2017年の「一週間フレンズ。」、ドラマでは2003年の「白い巨塔」(フジテレビ系)や2021年の「神様のカルテ」(テレビ東京系)など多くの話題作を手がけています。村上さんは、この作品を通して伝えたいことを「ひとを思う優しさ、他者を助ける強さを多くの方に届けられればと思います。」とコメントしています。

また、原作の玉島ノンさんも「モエカレを映画にしていただくことになりました。今でも信じられない気持ちですが、本当にすごく嬉しいです。原作とは一味違う展開や、実写ならではの表現がたくさんあるはず。」と期待をのぞかせています!

モエカレはオレンジ色 あらすじ

父親を亡くしたことをきっかけに母親の故郷に引っ越してきた萌衣は、父の死を受け入れることができず、転校したクラスにも馴染めない生活を送っていました。ある日、萌衣は父の温もりを少しでも感じたくて父の吸っていたたばこを学校の屋上で吸っていました。そのころ校内では火災訓練を行っており、それを知らずに屋上にひとりいた萌衣を消防士の恭介が救助したことで二人は出会います。そのあとに起きる事件でも、幾度となく恭介に助けられた萌衣は、素っ気ないけど優しくてかっこいい恭介のことがだんだんと気になり始め、恭介もピュアで気持ちに真っすぐな萌衣に少しずつ好意を持ち始めます。しかし、過去に恋人を亡くしてしまったトラウマや萌衣が女子高生ということもあり、恭介はなかなか踏み出すことができませんでした・・・。萌衣と恭介がどのようにお互いに惹かれ合っていくのか、それを取り巻く恋のライバルたちの複雑な人間模様や萌衣の人間的成長などが展開していきます。

モエカレはオレンジ色 キャスト

気になるキャストですが、現在発表されているのは主演の蛯原恭介役・岩本照さんと佐々木萌衣役のめるる 本名・生見愛瑠さんのお二人のみです。他の主要キャストたちの発表も気になるところですが、今回はお二人についてご紹介します。

蛯原恭介(岩本照)

蛯原恭介役の岩本照さんは、大人気ジャニーズグループSnowManリーダーです。182㎝の高身長で、雑誌「Tarzan」の表紙ではその肉体美を披露するなど鍛え上げられた岩本照 筋肉がかっこいいです。TBSの番組「SASUKE」にも何度も出演されており、強靭な体を持った消防士の役がとても似合いそうです。原作の恭介は甘党キャラなのですが、実際に岩本さんご自身も大のチョコレート好きだそうで、性格までぴったりのようです!

佐々木萌衣(生見愛瑠)

佐々木萌衣役は、「めるる」の愛称で知られる生見愛瑠さんです。専属モデルを務めた「Popteen」を2020年に卒業、その後はモデル業のほかにもバラエティー番組やラジオなど様々なメディアに引っ張りだこです。キュートなルックスと明るく真面目な性格が、原作の萌衣と似ているように感じられます。今回は映画初主演ということで、撮影では緊張されていたようですが、めるるの演技は新鮮でとても楽しみです!

最後に

本記事では、2022年夏公開予定の「モエカレはオレンジ色」についてご紹介しました。クールで優しい年上消防士とピュアで真っすぐな女子高生のラブストーリーに、ときめきが止まらなくなりそうですね!またストーリーを通して、素直な愛と人を助ける勇気や強さを感じることができるはず。他の主要キャストや映画の主題歌なども順次発表も待ち遠しいですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪に暮らす主婦です。
お得情報や暮らしのお役立ち情報を発信しています。

目次
閉じる