スーパームーン【皆既月食2021】大阪の時間・方角・みどころを徹底調査!

スーパームーン【皆既月食2021】大阪の時間・方角・みどころを徹底調査!

2021年5月26日は一年で最も大きな満月と言われている「スーパームーン」が皆既月食となる貴重な一日です。

大阪で皆既月食が見れる時間と方角、そして見どころを徹底調査しました!

5月26日は天気にも恵まれ皆既月食が大阪の各地から見られそうです!是非チェックしてみてくださいね!

目次

スーパームーン【皆既月食2021】大阪の時間

大阪市立科学館の学芸員さんの情報によると、2021年5月26日の皆既月食が大阪で見られるのは、以下のとおりです。

2021年5月26日大阪での皆既月食の時間

欠け始め→18:45
月の皆既→20:09~20:28
終了→21:53


※予想なので変動することが予想されます。

月が完全に隠れるところをチェックしたい方は、20時から夜空を眺めるとちょうど皆既が始まるところが見られそうですね!

そんなに遅い時間ではないので、お子さんと一緒に空を眺めるのも良いですね!

スーパームーン【皆既月食2021】大阪の方角

今回の皆既月食は、日本どこから見ても【南東】の方角から見ることが出来ます。

南東の方角を事前にチェックしておきましょう。

なお、大阪の中心部から【南東】の方角といえば、八尾市や柏原市、奈良県や三重県の方角となります。

今回の皆既月食はスーパームーンなので、天気も良好であることが予想されているので、月がとても明るく照らしてくれるのでわかりやすいかと思われます!

海側ではなく、奈良県側の山の方を見るように覚えておきましょう!

スーパームーン【皆既月食2021】みどころ

今回の皆既月食の見どころは、やはりスーパームーンということでしょう。

スーパームーンとは1年のうちに最も大きく見える満月のことをいいます。なので1年で最も大きく見える月が皆既月食となり赤銅色になるとはなんとも神秘的な現象となります。

今年最も小さい12月19日の満月と比べると直径は14%、面積では30%大きいのですが、実際にはその差はわかりにくいでしょう。低いところにある月はもともと大きく感じられるので、月食中の満月を見て『なるほど、スーパームーンだ』と思うかもしれませんが、これは錯覚です。

引用:https://weathernews.jp/s/topics/202105/200195/

スーパームーンなので月は大きく見えるのですが、実際の差はわかりにくそうです。そして、次回スーパームーンと皆既月食が重なる日は12年後。今回は是非見ておきたいですね!

スーパームーンと月食が重なることは比較的珍しい現象で、次回は2033年10月8日(12年後!)まで起こらない

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/421701d6c029d5b5ba342fed67207ddacaa84975?page=2

大阪市立科学館ではYouTubeで公開開設が予定されているのでチェックしてみてくださいね!

>>大阪市立科学館

皆既月食とは

皆既月食の定義を見ておきましょう。

太陽と地球と月が一直線に並び、満月が地球の影に入る現象のことで、月が欠け、部分食が始まると、次第に赤銅色(赤黒い色)に変化しながら夜空を昇っていきます。 月が赤銅色になるのは、地球の大気を通った太陽光の中でも、「赤い色のほうがより月まで到達しやすいから」といわれていますが、その時の大気の状態にも影響を受けやすいため、月の色は月食ごとに異なるのだそう。

引用 https://news.yahoo.co.jp/articles/421701d6c029d5b5ba342fed67207ddacaa84975?page=1

次回の皆既月食はいつ?

次回の皆既月食は、2021年11月19日に部分月食2022年11月8日に皆既月食があります。

今回のようなスーパームーンの皆既月食は、12年度の2033年10月8日まで起こりませんのでぜひともチェックしたいですよね!

まとめ

この記事では、スーパームーン【皆既月食2021】大阪の時間・方角・みどころを徹底調査しました。

緊急事態宣言中のため不要不急の外出はできませんが、ちょっと外に出てみて夜空を見上げてスーパームーンの皆既月食を見て宇宙を感じてみたいですよね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる