【おちょやん】寛治のモデルは藤山寛美!年齢や役どころを史実からまとめ!

【おちょやん】寛治のモデルは藤山寛美!年齢や役どころを史実からまとめ!

朝ドラ「おちょやん」に登場する寛治がSNSで話題になっています。

「年齢が不詳」とネットで言われていますが、実際の年齢や役どころについて史実をもとに徹底調査してみました!

目次

【おちょやん】寛治のモデルは藤山寛美!

寛治のモデルはあの有名な藤山寛美(ふじやまかんび)さんです。

藤山寛美さんは、松竹新喜劇のスターとして、戦前から戦後にかけて活躍されました。

関西新派の成美団の藤山秋美の息子として誕生し、わずか4歳で初舞台に上がったサラブレッドです。

【おちょやん】寛治の年齢や役どころを藤山寛美の史実からまとめ!

おちょやんの寛治のモデルである藤山寛美は、戦争に翻弄されながらも、松竹新喜劇で大スターとして活躍しました。

実際の藤山寛美の史実を参考に、寛治の年齢や役どころをまとめてみました。

藤山寛美の生い立ち

  • 1929年(昭和4年)、関西新派を率いる俳優・藤山秋美の末息子として誕生
  • 1933年(昭和8年)、父が病死する。芸名を藤山寛美とする。
  • 1934年(昭和9年)、4歳で初舞台
  • 1942年(昭和17年)、13歳で渋谷天外に誘われて松竹家庭劇に加わる
  • 1945年(昭和20年)、16歳で皇軍慰問隊の一員として旧満州に渡るが、戦後ソ連軍に抑留される。
  • 1947年(昭和22年)、18歳で帰国。2代目渋谷天外、浪花千栄子らの松竹新喜劇の結成に参加
  • 1951年(昭和26年)、天外作「桂春團治」の酒屋の丁稚役で大ブレイク。
  • 1966年(昭和40年)、多額の借金で自己破産、松竹新喜劇をクビになる
  • 1967年(昭和41年)、松竹新喜劇が借金を肩代わりし復帰
  • 1990年(平成2年)、藤山寛美死去。享年60歳。

【おちょやん】寛治の年齢は?

「おちょやん」で寛治が松竹家庭劇に合流したのは15歳とされています。

しかし、藤山寛美が渋谷天外に誘われて松竹家庭劇に加わったのは、13歳のときです。

藤山寛美の史実とは少しズレがあるようですね。

おちょやんで寛治を演じている前田旺志郎さんは現在20歳です。寛治とも藤山寛美の史実とも年齢がかけ離れてしまっていますね。

今後物語が進んでいくと、史実では藤山寛美は戦後満州から引き上げたのちに18歳のときに松竹新喜劇に合流します。その時点での年令を考慮してキャスティングされたのかもしれませんね。

【おちょやん】寛治の役どころは?

寛治の名前は松島寛治。おちょやんのホームページでは次のように紹介されています。

新派の劇団の座長の子だが、早くに父を亡くした。大山鶴蔵社長の命令で鶴亀家庭劇に預けられ、千代と一平のもとで生活することになる。

引用 https://www.nhk.or.jp/ochoyan/cast/

寛治のモデルの藤山寛美さんも同じ様に親が早く無くなり、一平のモデルである渋谷天外は自らの子どもの様にかわいがっていたようです。

昭和十六年七月、寛美にとって大きな転換点が訪れた。
劇作家で舞台にもたつ渋谷天外に、その才能を認められたのだ。

子供をもたない天外と浪花千栄子は、寛美を、自らの子供のように可愛がった
苦労人の天外は、寛美にたいして、警句をまじえながら、その哲学を教示した。

引用 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/37892?page=2

寛治のモデルである藤山寛美は、松竹家庭劇から発展した松竹新喜劇の大スターとして戦後大活躍をします。

おちょやんに登場している現在はまだまだ修行中のみですが、今後物語が進むにつれて寛治はより話の中心メンバーとして活躍していくのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、朝ドラ「おちょやん」に登場する寛治の年齢や役どころをモデルである藤山寛美の史実からまとめてみました。

おちょやんの話が進むにつれてさらに寛治の活躍が期待されますね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる