【NASEF JAPAN MAJOR LoL】2022年春の最強高校生チーム決定!

【NASEF JAPAN MAJOR LoL】2022年春の最強高校生チーム決定!

先日、2022年5月7日(土)に高校生対象のリーグ・オブ・レジェンド(LoL)のトーナメント「NASEF JAPAN MAJOR League of Legends Tournament Spring 2022」(略称:NASEF JAPAN MAJOR LoL 2022)が開催されました。今回は、eスポーツを通じて、教育の機会を提供することを目的とした本トーナメントについてご紹介していきたいと思います!

目次

リーグ・オブ・レジェンドについて

eスポーツやゲームに詳しくない方のために、まずは対象ゲームをみていきます。

「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」は、今日本でも話題の「VALORANT」と同じ『ライアットゲームズ』が開発した、基本プレイ無料のゲームです。2009年10月にサービスを開始すると、2021年10月には月間アクティブプレイヤー数が、驚きの1億8,000万人を突破。毎年行われるeスポーツ最高峰の世界的祭典「LoL World Championship」の視聴者数9,960万人を記録するなど、注目度が高いオンラインPCゲームです。

LoLは、マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(MOBA)と呼ばれるeスポーツ 種目で、プレイヤーはチャンピオン(キャラクター)を操作し、4人の仲間と協力しながら、先に相手チームの本拠地を破壊すのがゲームの目的です。

主催のNASEF JAPAN(ナセフ ジャパン)とは?

NASEF JAPAN(ナセフ ジャパン)は、米国を拠点とする北米教育eスポーツ連盟の日本本部として、2020年に設立されました。NASEFは、高校生や中学生にeスポーツを楽しんでもらうだけでなく、学習や教育を促進するための効果的ツールとして活用し、次世代をリードする学生の知性を高め、社会的感情学習なども促進する教育を支援する団体です。日本では、特に高校生の成長に貢献し、社会で活躍できる人材育成を支援しています。

「NASEF JAPAN MAJOR LoL 2022」の決勝大会について

春の最強高校生チームが決まる、全国決勝大会「NASEF JAPAN MAJOR LoL 2022」。

ルネサンス高等学校の「強化QQ」チームと、ルネサンス大阪高等学校の「ちーむありきゃ」が賞品の25,000 Riot Pointとプロゲーミングチーム「RascalJester」への挑戦権を懸けて戦いました。決勝戦では、3試合中2本先取したチームが勝利するBO3形式が採用されました。

1ゲーム目は「ちーむありきゃ」が積極的に「強化QQ」側の陣地に攻撃を仕掛ける展開で始まりましたが、「強化QQ」は各チャンピオンの能力を生かし一気に逆転し先取しました。2ゲーム目も同じ展開で「ちーむありきゃ」が有利を保ったままゲームは進行しましたが、終盤では「強化QQ」が強烈なカウンターを合わせ、相手の陣地を破壊し、2本先取した「強化QQ」が見事優勝を果たしました。

また、決勝大会の配信には、実況にJaegerさん、解説にRecruitさん、ゲストにプロゲーマーのhachamechaさんの豪華メンバーが勢揃い。高校生大会とは思えないほどの熱い戦いを見せてくれました。

最後に

NASEF JAPANは、「LoL」の高校生大会だけではなく、シューティングゲームの「フォートナイト」やスポーツアクションゲームの「ロケットリーグ」などの高校生大会も開催しています。そんな高校生向けのイベントが多くなっており、学校でもeスポーツに触れる機会は今後どんどん増えていきそうです。そうなると、近い未来にはeスポーツ オリンピック種目に採用されるかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪に暮らす主婦です。
お得情報や暮らしのお役立ち情報を発信しています。

目次
閉じる